本のエッセンス

あなたを成長させてくれる本の要点

起業を成功させるための5つの秘訣

f:id:takeshi1127:20210408014716j:plain起業を連続で成功させている起業家。

そんな起業家が、ご自身が知る起業成功の秘訣を「自分を超える法」という本の中で教えてくれています。

その本の著者ピーター・セージさんはイギリスで20社以上の会社を興し、中でもフィットネスチェーンをイギリス屈指の企業の育て上げた起業家ですが、そんなピーター・セージさんが起業する上で重要なポイントを著書の中で紹介していましたので、紹介させていただきます。

起業を成功させる秘訣5つ

情熱を傾けられる仕事を選ぶ

起業を成功させるための秘訣の1つめが「情熱」です。

なぜなら、起業は思い通りにはいかないから。

予想外の問題、計画の狂いなどは当然のように起きる中、それに対処して前進するために必要なのは内なる情熱。

情熱があるからこそ、それを乗り越えようと行動を起こせます。
だから、情熱を持てることを仕事にすることが起業を成功させる秘訣の一つ目です。

極論を言えば、”できること”じゃなくても情熱を持てることならOKです。

ニーズではなくウォンツ

起業を成功させるための秘訣の2つめは「ニーズ」ではなくて「ウォンツ」を選ぶということ。

ニーズとは生きるために必要な何ものですが、それではなく、感情的にほしいもの(ウォンツ)に焦点を当てること。

ニーズがあることを仕事にすることの必要性を説く人は多いが、人は感情でものごとを判断して、理屈で正当化する生き物。感情的に欲しいと思えるものでなければ買わないのですから、感情的に必要とされるものを扱うビジネスをやることが成功の秘訣。

価格競争はしない

起業で成功するための秘訣の3つ目が「価格競争はしない」ということ。

安売り競争を仕掛けてしまうと、安売り商品にしか反応しないお客様を相手にすることになりますし、そのお客様は1円でも安ければそちらを選ぶので、他社に価格競争で負けてしまうと、一気に離れていきます。

だからお客を逃さないためにさらに安売りをし、他社が対抗したらさらに安売りを繰り返さなくてはいけなくなるので、ビジネスがどんどん痩せ細っていきます。

価格で競争するのではなく、付加価値で競争して正当な価格を支払うお客を大切にすることが重要です。

社長不在でもOKのしくみをつくる

社長がいなくてもビジネスが円滑に回るようにすることが起業で成功するための秘訣の4つ目です。

社長が居なければ回らないビジネスを作ってしまうと、社長が急病や急な予定で不在になったとたんにビジネスが回らなくなるというリスクが付きまといます。

また、豊かさを手に入れるためにビジネスを興したのであれば、経済的な豊かさだけではなく、時間の豊かさも手に入れてこそです。自身の時間を生み出すためには、会社を誰かに任せても大丈夫なように仕上げることが大切です。

ただそれを実現するためには、社長の内面のある部分を克服することが求められます。

成功のモデリングをする

同じ業界ですでに上手くいっているビジネスを徹底的に真似ることが起業成功の秘訣の5つ目です。

先人たちが、失敗を重ねてながら積み上げてきた成功事例をマネすることは、先人の苦労や経験が詰め込まれた知恵をそのまま取り込むことに他なりません。

何もわざわざ同じ失敗をする必要はないのです。

また、同業他社だけではなく、業界を超えた成功事例をマネすることが、自分のビジネスの業界においては革命的なことになることもあり、そこで一気にライバルと差をつけることもできます。

まとめ

起業を成功させるための5つの秘訣を紹介させていただきました。

情熱のある仕事を選び、お客が感情的に欲しいと思うものを正当な価格で提供する。決して安売りはしない。それをすでに実現しているビジネスがあるのなら、そのビジネスモデルを徹底的に真似る。

そして、社長が居なくても回るようにすること。

これがピーター・セージさんが考える、成功する起業の秘訣です。

たった1社の成功体験ではなく、20社の企業を経ている現役経営者が考える成功の秘訣ですので、吟味してあなたの血肉にしてみる価値は十分にあると思います。

更に詳しいことは「自分を超える法」の中でも細かく書かれていますので、少しでも興味がおありなら是非お読みになってみてください。面白い本ですよ。

自分を超える法

自分を超える法

 

 

takmon-pv.hateblo.jp