本のエッセンス

あなたを成長させてくれる本の要点

書籍「どうすれば売れるのか」の感想

f:id:takeshi1127:20210401025626j:plain

売れない商品を売るのではなく、売れる商品を作れるようになる。

これが大切だとするのが「どうすれば売れるのか」の著者木暮太一さんの考えで、僕もそこには完全に同意です。
どれだけ宣伝をされていても、要らないものは要らないのですから。

では、どんな商品、どんな作品をつくれば売れるのかをわかりやすく教えてくれているのが「どうすれば売れるのか」、その感想をまとめました。

「どうすれば売れるのか」の感想

マーケティング過信を抜けられる

この本が僕のマーケティングの呪いを解いてくれた。
そう思っています。

”売る”となると、ついつい”マーケティング”へと思いが至ってしまいますが、どれだけマーケティングを強化しても商品そのものに魅力がないなら売れません。

マーケティングを強化しようが、営業を強化しようが、売れない商品を広めたり、売れない商品を相手に押し付けようとしているだけなので、お客様からすると迷惑でしかない。

大切なのは売れる商品を作ることで、そこの理解が足りてないのが売れない原因なのだ。

そんな当たり前のことをちゃんと教えてくれている本です。

売れるコンテンツ・売れないコンテンツの違いが分かる

売れる売れないを左右しているのは、コンテンツ。
売れる要素が詰め込まれているコンテンツなら売れるし、そうじゃないなら売れない。

では、その売れるコンテンツ要素とは何かを4つのポイントで教えてくれています。

これは本当にありがたい。
この4つのポイントを学べるのに、この書籍代だとするなら安すぎる。もっと高額でもいい。

なるほどな・・・だから僕の作ったコンテンツはダメなのか・・・と痛感しながら、目から鱗をぼろぼろ落としまくることができた。

ベネフィットとは何かがわかる

商品の良さとは何かとなると、二言目には”ベネフィットだ”と書かれている記事を見かけることが増えてきました。

それは決して間違いではなく、むしろ正解で、本書の中でもベネフィットこそが重要だと書かれている。

ではベネフィットとは何か。
その説明で「なるほど」と思えるものに僕は出会えてなかった。

大抵は「ベネフィットは価値のこと」と書かれるだけで、「価値とは?」となると「ベネフィットのこと」みたいなループにはまることばかり。

ところがこの本ではベネフィットとは何かを的確に教えてくれている。
一気にベネフィットとは何かが理解できた。

理解できると、なぜそれが売れるのか、なぜこれが売れないのかが一気に理解できるようになってきたので、僕の世界を大きく変えてくれた一冊だと言っても過言ではない。

まとめ

”売る”という事、”売れる商品(コンテンツ)”を作るということ。

そこにド直球での答えを教えてくれているのが「どうすれば売れるのか」です。

正直、これほどまでに今の自分に必要なことがピンポイントで書かれている本だとは思ってなかったので、時間を忘れて一気に読みました。

すごい本です。

売る仕事をしている人はもちろんとして、売るという商売をしていないという人も読んで損はありません。
どんな作品を作ることが、世の中の人に必要とされるものとなるのかの答えがここには書かれています。

社会に出たなら読んで損はない一冊です。