本のエッセンス

あなたを成長させてくれる本の要点

書籍「自分を超える法」の感想

f:id:takeshi1127:20210405194245j:plain成功するためのカギとなる要素が分かる

自分を超える法」を一言で表現すると、そのような本です。

イギリスの起業家、ピーター・セージさんによる著書であり、そのビジネスの成功の背景にある法則性がまとめられている一冊です。

全体像を捉える上でとても分かりやすくシンプルにまとめられているので、スッと理解できました。そんな「自分を超える法」の感想を書かせて頂きます。

書籍「自分を超える法」の感想

人間心理の捉え方が面白くてわかりやすい

この本の中で個人的に非常に面白いと思ったのが人間心理の捉え方。
人間はどんな理由からその行動を起こしているのかという心理。

そこへの理解が高まると自分を変える上でも大いに役立ちますし、ビジネスでお客様を理解する上でも大いに役立ちます。

しかし、心理を分類するとなると専門性が求められる複雑な領域の話になりがちですが、そこを大胆に6つに分類。その6つの心理が人間が行動する大きな要因だとしています。

それを1つ1つ見ていくと、確かにそう。
思い当たることしかありませんでした。

この6つの分類は本当に面白い。

takmon-pv.hateblo.jp

お金と仕事の法則性がシンプル

お金を稼ぐということ、仕事を成功させるということ。

ほぼ全ての人が抱える夢であり、悩みでもあるかと思いますが、そのお金の法則、仕事の法則などもビジネスの成功者としての視点でわかりやすくまとめてくれています。

取り立てて新しい事が書かれているわけではないのかもしれませんが、あこれもこれも大切だとするのではなく、「この〇つを押さえよう」といったシンプルな提言が為されているので、とても理解しやすいです。

takmon-pv.hateblo.jp 

takmon-pv.hateblo.jp

takmon-pv.hateblo.jp

裏付けがやや弱く、終盤は冗長かも

難点を上げるとすれば、いずれも著者のビジネスの成功者としての観点と、師のアンソニー・ロビンス氏の理論のミックスになっているということ。

つまり科学的に検証して裏付けをとった理論ではないということです。

また、書籍内の最後の章でコピーライティング的なものが一章割かれています。

もちろんこれはこれで大切なスキルに違いがありませんが、ページ数を増やすために無理に入れ込んだ感がどうしても否めません。

そういった部分を差し引きながら読むのが、この本との向き合い方なのかもしれません。

まとめ

成功者の数だけ成功法則があると言います。
その数ある成功法則のうちの1つを学べる良書であると僕は感じました。

中でも人間心理を把握するうえで非常に役立ちそうな、人間心理の6分類は必読です。

これを理解するだけでも、この書籍代の価値はあると思います。
むしろそこだけを説明する本として仕上げてくれても良かったような気さえしています。

人生を成功させたいけど、そのために必要なことの輪郭を知りたいという方にはオススメの一冊です。

自分を超える法

自分を超える法