本のエッセンス

あなたを成長させてくれる本の要点

書籍「習慣の力」を読んだ感想

自分や他人を変える。 そんな力を持っているのが”習慣”です。 僕たちが無意識に行っている判断や行動は非常に多く、それらすべては習慣により自動化された判断や行動ばかりです。つまり、習慣が僕たちを作っていますので、現実も未来も習慣に左右されていま…

日経新聞電子版を2カ月購読して感想4つ

経済の方向性がわかるようになってくる。たった二カ月だけ日経新聞を読んでみただけだけど、それを強く実感しました。 それだけではなく、日経新聞を読むことで色々な変化を味わえたので、その備忘録として。

他人や自分を変えるためのポイント

他人を変えたい。でも、そう簡単には変わらない。 自分自身に置き換えてみてもそう。他人に言われてそう簡単には変わらない。 では、自分が変わるときはどんな時か。そこを理解することができれば、誰かを変えることもできるかもしれない。

幸せになるにはどうすればいい?幸せになるための4つステップ

頑張ったり無理をしたりしなくても、幸せになれる そんな方法を教えてくれる一冊の本があります。それは「いいことが次から次へと集まってくる 幸せの流れにのる方法」です。 書かれているのは心理セラピストの矢野惣一さん。 心理セラピストとして活動しな…

自分で考える力を身につけるための2つの要素

周囲から一目置かれる存在になれる。 自分で考える力を身につけることであなたに起きる変化の1つです。 もちろん得られるメリットはそれだけではなく、自分で考える力を持つことこそが、自分の人生を生きることになると「「考える力」を身につける本」の著…

コンテンツの作り方。良質なコンテンツの共通点と内容

良いコンテンツを作る。 それがビジネスの必須条件だとする意見を目にしたり、耳にすることが増えましたよね。 ネットの世界では古くから「コンテンツ オブ キング」と言われていて、良質なコンテンツこそが重要だと言われ続けていました。 事実、SEOでは…

田舎の怖い部分をリアルに描写している漫画「ガンニバル」

田舎育ちの人間だからなのか。 田舎を描いている漫画を読んだり映画を見たりすると、「あるある」や「あるかも・・・」と感じる自分が居ます。 例にもれず「ガンニバル」はそう感じれる漫画なのですが、この漫画は少し異色でして、田舎の怖い部分が切り取ら…

斎藤佑樹投手に対して日ハムはなぜ引退勧告やトレードという選択肢を選ばないのか

ここ10年ほど。 冬の風物詩と化している日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手の契約更改。 来年こそ!と期待されていた彼も、二十代後半ぐらいから「もう無理だろ」となり、30を超えたあたりから「他の選手の枠を取るな」「仕事の割に合わない高年俸」と揶…

鬼滅の刃が爆発的な人気を獲得するに至った要因

ジャンプで連載を開始した時には、正直ここまでの大ヒット作品になるとは思ってませんでした。 絵柄にスピード感がない。戦闘シーンや必殺技にイマイチ説得力がない。 そんなことを友達とも語りあっていたが、話のテンポが良いのでジャンプを読む時には必ず…

チェーンソーマンがわけわからんと感じる4つの理由

チェーンソーマン 人気があるらしい。ジャンプの中でもわりかし前のほうに載ってますからね。 でも、自分はさっぱりわからん。 何がわからんのかを説明していくと、要は「もっかい読んだら?」って話になるんだろうけど、正直また1から読む気になれない。 …

サッカーにおけるホームとアウェイの勝率の違いを生む1つの要因

ホームチームが有利 サッカーでよく言われていることで、アウェイチームは引き分けで終える事ができれば勝利と同等の価値があるとも言われます。 なぜそうなのかって理由を僕はこう思っていました。 ホームチームを応援する観客が多いから 慣れ親しんだ環境…

サッカーにも始球式があるだなんて知らなかった

サッカーにも始球式がある そんな事をあなたは知ってました? 僕は2014年12月7日まで知りませんでした。その日のレアル・マドリードとセルタの試合での始球式を見て、へ~!って思ったのが、人生初のサッカー始球式を見た瞬間です。 野球だけのものだ…