思考の練習帳

適当に。

youtubeで新曲を動画検索した時に出てくるスパム動画の功と罪

youtubeで権利関係のうるさい動画をアップすると、だいたい削除されるものです。

その手のものはもっぱら見る側ですので、削除された悔しさを味わった事がないが、よく見ていた音楽PVが消えていると少し悲しくはなる。

 

動画が削除されるのは仕方ない

・・・でも、仕方ないよな。
そういう法がある国に住んでるわけだし。

ただ、最近こう思う出来事がある。

権利関係のうるさい動画をわざわざ削除しなくても、キッチリと見る人は減っていているのではないだろうか?と。

そう、見る人は減っていっている。
例えば僕がその一人だったりする。

youtubeで気になる曲を探そうとは思わなくなってきている。

意味わからんあの動画・・・

というのも、理由はPV云々に直接は関係ない部分にある。

例えば、気になる曲を検索するとする。
僕の場合は、もっぱらギター音の激しいロック系の曲が好みなので、そういうアーティストの名前を入力する。

すると、検索結果にはそれらしいものがずらっと並ぶ。

流石にないよな・・・と思った新曲でも、検索結果にズラッと出てくる。

「お!」と思って開くと・・・


意味わからんテキストが流れる


あれ、なに?


流れるテキストを読んだ事はないが、どこかのニュース記事をまんま転載したような文章で、見事なまでに価値のかけらも感じないBGMが流れている。

 

あれ、なに?

 

分かってるよ。
アクセス数だけ稼いで、こっすいお小遣い稼ぎがしたいんだろ?

そういう動画に限って、コメント欄封鎖されてるよね。

 

あれ、なに?


ちゃんと例を挙げて、その手の動画を一つでも紹介したほうがいいんだろうけど、その手間すらも惜しみたい。

そんな事をするために自分の時間を使うのがMOTTAINAI


そして、なるほど・・・と思った。

検索体験の満足度を下げて売上アップ作戦

権利関係のうるさい動画をいちいち削除するよりも、同じタイトルのつまらん動画を大量に作って、ユーザーの検索体験の満足度をグンと下げてやればいいんじゃないのかな?

目当ての動画に行きあたらないし、探している途中にクソみたいな動画にたくさん出会う。

そんな目に何度も何度も遭えば、僕のような探すのが面倒になるやつが出てくるはずだ。


いっそのこと探すのが面倒だから、もう買おうか・・・と思う人もでるはず!

名案じゃないだろうか。
音楽業界が盛り上がるのではないだろうか。


もしかして・・・。

あの手のスパム動画の狙いはそれか?


んなわけないな。
バカみたいな誘導リンクが書かれているし。

まあ、お金を払わずに新曲を聞こうとしていた俺も、どっちもどっちだね。


それはそうと、最近ワンオクロックのWherever You Areって曲が好き過ぎる。
100回は聞いた。いや、もっとだわ。

あれは名曲だ。
彼の歌声は神からの贈り物だ。