読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の練習帳

適当に。

過労や残業での自死を減らすためには才能を正面から認めたほうがいいのでは?

f:id:takeshi1127:20161024120042j:plain

努力に価値を置き過ぎた弊害だと思ってます

残業による過労死。
悲しいし、既視感のあるニュースです。

 
少し前には和民で起こり、今回は電通。

どちらも大きな企業だからこそ注目されているのであって、中小企業でも起きているであろうとは簡単に予測できますし、そういう事も含めると、非常に多くの残業による死があると思います。

そして、そのたびに労働基準監督署による査察が入り、問題が見つかり、警告をし、トップの謝罪があり・・・そして時間が経った時にまた似たような事が起きるんだろうな・・・という軽い諦めの気持ちを僕は抱いています。

もちろん、労働基準監督署を始め世の中が過労死ならびにサービス残業への厳しい目を向ける事で少しずつ良い方向に向かうと思いますが、それでもどこかで諦めに似た感情を持っています。

その理由は、日本人の持つ精神論推しの部分です。
すっごく端的に言うと、そろそろ才能の存在を認めてしまい、才能を見出すための手法を確立していきましょうよって思うんです。

選択の意欲を奪う

僕が以前勤めていた会社で月300時間働いている人が居ました。
休みはなし、毎日終電まで働き、ほぼ始発で出勤の毎日です。今なら問題になるんでしょうね・・・。

僕自身も残業時間は100時間は余裕で超えていたように記憶しています。
ちなみに雇用形態どうこうで残業代は出ません。

(このへんのカラクリで誤魔化されている人は世の中に多いと思います。電通のような大きな会社だからこそ残業時間の記録が残っていたというのが不幸中の幸いと言いますか・・・)

この時の精神状態は「この生活で人生は終わっていくのか・・・」という予測や、主張してもどうにもならないであろう諦めで自分がなくなっている状態です。

今はその会社に在籍していないので予測は外れたという事になりますが、自分の意志による選択の余地がない状況に置かれていると、辞めるであるとか、辛いという一言を言うであるとかの”選択をする能力”がとことん衰えるというのが僕の実感です。

自分の意志を持たないほうがいい環境なので、選択しないことに慣れてしまうんです。

結果、自死が最後に残されるカードになると思っています。
(医学的な解説からするとまた違ってくるのかもしれませんが)

そんな自分の経験を踏まえると、僕にはその仕事を遂行するだけの才能がなかっただけなんです。

卑屈になっているのでもなく、シンプルにそう思います。
才能がなかったので、生産性が悪く、そして続ける事ができなかっただけです。

これを受け止める瞬間は辛いですが、受け止めてしまうと納得感が芽生えます。ま、仕方ないよな・・・って。

これが努力不足だとするなら、いつまでも自罰感情が消えずに尾を引くであろうな・・・と思っています。

 

努力と成功

努力という言葉は非常に美しいものとされていますが、では努力とは何?となると明確に定義できる人はいるのでしょうか?

例えば、人一倍努力したというのは、時間を費やした量の事を表現している事が大半ではないでしょうか?

つまり、努力イコール時間と考えるから、努力しろという言葉には時間を使えという意図が含まれ、努力していますという言葉には時間を使ってますという意味が含まれるはずです。

また、時々「成功した人はすべからく努力をしたから努力は必須だ」とする意見を見かけ、確かにそうだと思う一方で、努力をしたが成功しなかった人がその陰にはもっと多くいるという事から目を伏せてはいけないとも思います。

中には努力の量は人より少なくても成功した人もいるはずです。

それらを総合的に見ると、努力と成功に明確な因果関係はないはずです。
シンプルに才能があったのかなかったのかの違いしかないはずです。

努力で才能を越えられる?

オリンピックの100メートル走で1位になれる人は地球上に1人しかいません。
この人は才能があるという事に異論をはさむ人はいないと思います。

その才能の塊の1人に、地域の運動会で毎回最下位の人が勝つ事はできるのでしょうか?

多分できないと想像がつくはずです。

もちろん精一杯努力してみて挑戦してみないと結果はわかりませんが、努力をしても勝てなかった時、それは才能の違いだと言われても反論はないはずです。

なのに一個人の仕事になると、急に努力論に特化される事があります。

ここには「仕事に才能は必要がない」という大前提があるからだと僕は思っています。

才能軽視の流れ

仕事における才能の有無を軽視する発想はマニュアル化によって加速した面があると思っています。

一個人の才能に期待しすぎるのは会社としてはリスクなのでマニュアル化は必要というのもよくわかります。また、先輩の指導によって仕事を教える事で仕事は覚えられるという前提も、似たようなものだと思っています。

教えれば伝えられるという考え方がそこにあり、言い方を変えると、才能に関係なく誰でもできることだという認識がそこにあるはずです。

ただ、走るのが遅い人であっても走り方は知っています。それでも世界一のランナーに勝てないはずです。走り方を知っていても結果に差がでるのが才能ではないでしょうか?

では才能とは何か?となると、努力とは何か?という疑問以上に曖昧になり、曖昧な事を追求するよりも、決まった手順を努力という言葉に込めた時間を費やせという命令によって実行させるほうが手っ取り早いはずです。

なぜなら、足が遅い人は走れないわけではなく、ゴールまでに時間がかかるだけでだからです。
時間をかければゴールにつくのだから、走れ走れ!とケツを叩く。

これが企業の多くで見られている光景だと思いますが、考えすぎでしょうか?

才能はあるという前提

個人個人には才能がある。
その才能に適した仕事をする事でもっともコストパフォーマンスが高くなる。

こういう前提に立って、では才能とは何か、どうすれば個人の才能を見つける事ができるのかを真剣に考えて向き合う事が大切だと思います。

それは遺伝子情報から見分けるのか、統計を取ってパターンを見つけるのかはわかりませんが、才能というものがある前提に立つことが、結果的にサービス残業を減らすことになると僕は思っています。

僕がこうしてブログに記事を書いているのは、文章を書く才能はあるのかもしれませんが、人気になるにはどうすればいいのかという部分には才能がないから、今の状態にあります・・・(泣)

でも、そういうものです。

同じ量の時間をかけても人気になっている人が世の中にいて、そういう人は僕と感じる感覚、見ている世界が違っていて、それこそが才能です。

そんな僕が書く事を生業にしても、生産性は悪い。
他の才能があることに時間を使うほうが、世のため、自分のためだという事でもあります。

今回の電通の女性社員さんを才能がないと断定するつもりは一切ありませんが、才能という存在を認め、それを見つけて育て上げる環境にもし日本があるのなら、結果は少し違ったのでは?と思います。

語弊があるといけませんので最後に注釈として。

何かに対する才能がなかったとしても、その人には他の才能が全くないという証明にはなりません。

油田を一度で掘り当てる事もあれば、2度目で掘り当てる事もあります。それが何度目になるのかはわからないだけです。

それは、全ての人の中に才能という油田が必ず眠っているという前提に立つことで芽生える解釈ですので、才能を重視する価値感を育てることが大切だと思っています。

才能を軽視し努力を崇拝すると、まだまだ過労死や自死は続くと思います。