読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の練習帳

適当に。

男が化粧水なんてきもいと思っていたがハトムギ化粧水を使ってわかった効果

f:id:takeshi1127:20160906083422j:plain

化粧水をつける男なんてださいしキモイと思っていた

化粧水をペタペタしている姿を見て、「何してるんだろう?」とよく思っていたものです。

 
その相手はオカンであったり、女性であったり。

男が化粧水をペタペタしている姿を見た事もなければ想像しても気持ち悪いだけで、まれに泊まるホテルの洗面台にある男性用化粧水とかを見るとニーズがあるのだろうか・・・?と疑問に思っていた。

ところが、今の自分は化粧水を毎朝毎晩使っている。
昔の自分が見たら驚嘆するきもい男なわけですが、使ってみて悪くないな・・・と思っていたりする。

なぜそんな事を思うのか。
ハッキリ言えば、モテるとかイケメンになったとかの本来の効能なんて微塵も感じてないが、それでも悪くないな・・・と思っていたりする。

なぜ化粧水を付けようと思ったのか

まず化粧水を使ってみようかな・・・と思った理由は顔にシミがある・・・と思ったから。

右目の横のあたりが少し茶色くなってるな・・・と思ってマジマジと鏡を覗きこむと、どうやらシミがある。
シミだ・・・と思って、顔全体を良く見てみると、他にも見当たる。

ついでに老けたな・・・とも思った。

シミに化粧水が効果があるとは今でも思ってはないけど、何かしなければいけない、何かしてみようと思って、とりあえず化粧水を使ってみようと思いいたった。

多分、頭のどこかで化粧水は肌にいいという事だけが刷り込まれているせいだ。
アマゾンやら色々なサイトやブログをチェックしてみて安価で高評価なこの化粧水を買った。
 

ナチュリエ スキンコンデショナー 500ml

ナチュリエ スキンコンデショナー 500ml

 

 もっと高価で良いものを使えば、テキメンな効果を感じれるのかもしれないが、まだこの時点では、試しに使ってみようという感覚なので、高い買い物はリスク以外の何物でもないので、安価なものを買った。


めちゃくちゃ容量があるので、買ってから1カ月経過している今でも、たっぷり残っている。使い切る頃には来年になっているのではないだろうか・・・?

安価で最強は無印良品の化粧水らしい

ちなみに近所のバーの店員に聞いたけど、僕のかった化粧水も良いが、無印良品の化粧水が抜群にいいらしい。使い切ったら次はこれを試してみようかと思う。
 

無印良品 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ 200ml

無印良品 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ 200ml

 

 今の化粧水、使い切るまでに半年はかかるだろうけど。

化粧水を使って1カ月で思う事

衝動買いで化粧水を使ってみて1カ月がたったけど、振り返るとこんな事を実感している。

イケメンにならないし肌質の変化の実感はない

肌がキレイになるという事は今の所実感してないし、肌質って化粧水云々よりも食生活や内臓の健康状態のほうが影響すると思っている。

相変わらずシミはあるし、やはり老けている。

洗顔が楽しくなる

顔を洗うのは一つの習慣であり作業と化していたけど、これが少し楽しくなった。

面倒な時は水でバシャバシャして終わりだったのが、洗顔フォームを使ってシッカリと洗って、化粧水を肌に付けてパンパンする。
化粧水をつけるために肌をキレイにしなくちゃいけないという感覚で顔を洗っている。

化粧水よりも、このシッカリと顔を洗うという習慣のほうが肌にとっては良い習慣なのかもしれない。

顔に興味が向く

変な話かもしれないが、自分の顔に興味が向くようになる。
自分の顔に良い事をしているかもしれないという意識が、顔を大切にしようとする意識を育てているのかもしれない。

だからか、眉毛の手入れにも少し気合いが入ったりもする。

ゴワゴワやギトギトがましになる

顔を洗ったままだと「顔がギトギトしてこない?」よく言われたが、正直、ギトギトしないという感覚がわからなかったので、ピンと来ていなかった。

それが今は少しだけわかる。
以前は確かにギトギトしてゴワゴワしていた。

今も汗をかけばギトギトはするけど、以前よりはギトギトが気になる感じは少しだけなくなった。

化粧水でイケメンになるメカニズム

化粧水を使ったから画期的な変化が起きたわけではないし、ブサメンがイケメンになる事はない。それは自ら証明済みです。

ただ、意識の変化は大きな価値があるかもしれないな・・・と思っていて、かっこよくいえば、自分の顔に責任を持つ意識が芽生えて、それが育っていく感覚がある。

人と話をする時にでも、自慢できるほどの顔じゃなくても卑屈にもならない感覚のようなものがある。

それって以前の自分は卑屈だったのか・・・と自問自答すると、決してそんな事はないつもりだったんだけど、意識が変わると、以前は卑屈だったのかもしれないと思っている。

「男は顔じゃないぜ」的な言葉で逃げて顔に無責任だったかもしれない。

たかが化粧水でそんなに気持ちの変化が起こるのか・・・と自分でも驚きだけど、毎日、シッカリと洗顔して、化粧水を染み込ませて肌を大切にしようとする意識が、自分の顔を大切にしようとする意識へと成長したためだと思っています。

その意識は多分表情とか目線に表れているはず。
化粧水で顔は変わらなくても、顔に対する意識が変わり、結果的に表情が変わる。

だから、化粧水でイケメンになる。

こういうメカニズムが化粧水を起点にして生まれている気がしている。

ブサメンで納得していたり、イケメンすぎて困っている人には関係ない話かもしれないけど、男を上げるキッカケとして化粧水はちょうどいいのでは?・・・とスッカリ化粧水信者になっている昨今です。