思考の練習帳

適当に。

個人ブログの検索上位狙いPV目的の運営は本気でそろそろ限界だと思う理由

f:id:takeshi1127:20170130211810j:plain

検索結果には体裁が整ったゴミ記事しかない現状

調べ物をしていて、ゴミのような書評記事しか見つからなくて驚いた。

本のタイトルと要約、うっすーい感想。
目立つアフィリンク。

この手の記事がたくさん見つかって、閲覧しては直帰、閲覧しては直帰・・・果ては検索ワードを変えてみよう・・・と思い至った。

この体験は「グーグル、使いもんにならんな」という感想として僕の中に残った。

(アフィリンクフィルターのようなものが入った検索エンジンとか、厳選したサイトのみを検索対象にする検索エンジンがあれば飛びつきたい)

でも、振り返ってみると、自分の書いている記事もある人にとってはゴミと感じるかもしれない。人の振り見て我が振り直せとはよく言ったものだな・・・とは思います。

では、どうすればいいのか。
どうすれば検索の邪魔にならないような記事が成立するのか。

机上の空論として、考えてみた。

 

ブログ運営手法での勝負はレッド―シャン

きっとおそらく、バズ部さんが公開されている手法を採用してブログ運営をしている人が大半だと思いますが、同じ手法で、似たようなキーワードで記事を書きまくるので、結局は凄まじい競争がそこに発生しているはずです。

アフィ記事の多くは、この流れで量産されたものだと思います。
その流れはこれから更に激しくなります。

www.nikkei.com

netgeek.biz

Dena関連のキューレーションサイトがデマ記事で問題になりましたが、検索結果の上位表示(ペナなし)の手法としては有効という事をメディア各社が知ることになりました。

メディア業界も部数減少でこれからの方向性を模索していると思いますので、渡りに船状態だと思われます。

アフィブログ諸々は、いわゆるコンテンツマーケティング的手法を取り続ける限り、そのような大手メディアとベタ足の殴り合いをする事になります。

戦う前に負けを認めるのは良くないという論調も好きですが、勝てない相手とは喧嘩しないのがケンカ上手とも言います。

いずれにしても、個人とは比較にならない資本力のある会社がキューレーションサイトを立ち上げて、ニーズのあるキーワードを狙って記事を大量投下します。
デマ記事で問題になった経緯から、内容の質にプロが絡んでくるのも自然な流れです。

同じ手法を使っている限り、個人が戦うには厳しい戦いになるのだろうな・・・と僕は思っています。

つまり、分かっている範囲で次の2つの問題点があります。

  • 同じ手法で似たような記事が量産されている現状
  • 同じ手法で質への配慮がされた記事を量産するメディアがまだ出現する


今は1つめの問題点しか顕在化していませんが、今年中には2点目も顕在化してきます。


明るい未来を僕は描けませんが、PV狙いで記事を書いている人はどこに勝算を感じているのでしょうか?

アンチアフィリエイトではない

アフィ記事に対して批判的な事を書いていますが、実際にアフィ記事が役に立った事はないのかというと、そんな事はありません。

アフィ記事で参考になったこともありますし、アフィ記事と分かっていてリンクを踏んで買い物をした事もあります。ささやかながらの感謝としてです。

最近もある本をアフィ記事から買いました。

  1. 知りたい事を、教えてくれている。
  2. その人がなぜそれをオススメするのかを、自分の言葉で書いている。
  3. 興味もあるし、そこまでオススメするなら買ってみようかな・・・

そんな気持ちだったと思います。
その人の生の声という付加価値に対する感謝なのだと思います。

その記事の中身に対しての感謝が芽生えればアフィリエイトかどうかなんて些末な事です。実際、アフィリエイトだから割高になるわけではないので、アフィリエイトで買い物をしても僕には実害は一切ありません。

うまく機能すればアフィリエイトは敗者が生まれない仕組みだと思います。

ところが不思議なもので、切って貼ったような記事には食指は動きません。

「この人、実際にこの本を読んでないな」とか「表面しかなぞってないな・・」という記事はスグにわかります。

なぜなら、調べている本人が既にその程度の事は知っているためです。

本なら、アマゾンに行けばある程度の内容はわかりますし、出版社による解説ページ、書名で検索して出てくる記事を3つほど見れば、最低限の情報は手に入ります。

既に知っている情報に対するプラスアルファの付加価値がない記事には、心が動きません。結局の所、最低限の情報が満たされた後の検索は、付加価値のある情報を求めているのだと思います。

 

  • 実際に購入して活用してみたら、どうなったのか。だから、どうなのか。
  • 行ってみたからわかったことは、どんな事なのか。だから、どうなのか。


このような付加価値の情報とは何かを追求する事が、情報を発信する側に今後さらに強く求められると思いますし、そこを追求する事が突破口だと思います。

「まとめてみました」みたいな記事も便利ですが、そのような記事は他の人でも作れます。そういうお手頃なまとめ記事こそ大手キューレーションサイトが発信します。

 

でも、そのような大手は個人色を前面に出した感想や、利害関係を度外視した感想を書けないはずです。個人色を出してしまうと、またデマ記事に繋がるかもしれませんからね。

 

実体験に基づく感想はその人にしか書けませんし、大手メディアは書けません。
個人ブログが提供できる付加価値的情報であり、存在意義だと思います。

人気ブログの人気は付加価値情報への人気では?

PVが欲しい、アフィリエイト収入が増えてほしい。

この気持ちは末端のブログ運営者の僕にでも非常に理解できますが、検索ユーザーなどのネット利用者側の願望は「いい情報に出会いたい」という1点だけです。

良い情報とは何かとなると、二種類あると思います。

  • 事実として誰にとっても同じであること(ファクト)
  • 事実に対して、個人の意見や考え(オピニオン)

この2つがミックスされたものを求めているのが、これからの検索ユーザーではないでしょうか?


例えば、人気ブロガーと言われている人達は、あるキーワードで上位表示したから人気なのではなく、あるモノやコトに対するその人の意見、その人の価値感に対する人気ではないでしょうか?

つまり、モノやコトに対して、その人の価値感から生まれた感想という付加価値情報に人気があるのではないだろうか?

いち検索ユーザーとして、いち読者としても、読みたい記事、読んでよかったと思える記事は、そういう付加価値のたっぷり乗っかった記事ではないでしょうか?

記事のボリュームが多ければ上位に行けるなどの手法論での勝負は、早晩キューレーションサイトに蹂躙されます。

だからこそ付加価値的情報で勝負するほうがまだまだ勝ち目があるのでは?と思いますし、本来ブログってそうだったはずです。

そんな事を、クソみたいなアフィ記事と無駄に文章が長い記事が上位表示されていたという検索体験を通して思った次第です。