読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の練習帳

適当に。

予習しなくても楽しめる映画やブログが好き

f:id:takeshi1127:20130410070522j:plain

予習は嫌いなんだよな・・・

予習や復習を習慣にしていれば良かったのにな・・・と、自身の学力のなさに直面するたびに思うモノです。

でもやっぱり俺って予習が嫌いなんだな・・・と思った。

先日「ターミネーター:新起動/ジェニシス 」という、いわゆるターミネーターシリーズの最新作をWOWOWで視聴していたのですが、途中で見るのを辞めました。

理由が、さきほど書いた予習が必要だとわかったから。

なんつーのかな。
内輪ネタで盛り上がる合コンで愛想笑いをしている時の心境って言えばいいのかな。

そんな感じになったので、見るのをやめた。

こんな合コン、帰ってやる!って感じです。
(実際には途中で合コンを帰ったことはありません)

ターミネーター: 新起動/ジェニシスを半分見た

シリーズものの宿命かもしれないけど、ちょいちょい小ネタを挟むよね?

シリーズを通してみているファンならニヤってくるでしょ?ってシーンとかセリフとか。僕はターミネーターシリーズを全て見ているとは言え、細かい部分までは覚えてない。

アイルビーバックってセリフとか、液体金属の走り方がキレイだとかは覚えているし、主要人物の名前もなんとなくはわかる。

大雑把なことだけはわかる感じ。
コマかい所はわからん。

でも、コマかい所を知っている人だけがニヤッとくるシーンがちょいちょいある。

多分、何かとひっかけたセリフなんだろうな・・・という事はわかるけど、それが何とかかっているかわからん。

そういうシーンが一つあるたびに、心の温度が3度ほど下がっていく。

途中でバックトゥザフューチャーのデロリアンらしき車が出てきたが、そういう事も心の温度を下げていく。自分の中の世界観ってものが急に崩れ出す・・・。

さらに言えば、ジョンやサラ・コナーという登場人物が相変わらず出てくるが、何もかも別人だってわかるから、また冷める。

役者が変わってるから違うのは当然だと思っていても、自分の中に持っているイメージと違うから、どうもシックリこない。

もういっか・・・となり、見るのをやめた。

知らなくても楽しませる意識

思えば、こういう予習が必要な面白さみたいな事を自分も人にやってしまっている気がするんだよな。

サッカーについて語る時に、イニエスタなどのいぶし銀の選手の凄さを語ってしまうけど、それはサッカーを知っているからわかる凄さなんだよな・・・って後で気づく。

何も知らない人には、ロナウドやベッカムのようなイケメン選手を勧めるほうが興味や関心を持ってもらいやすいのに、なぜかそのへんを勧めるのはベタだよな・・・って思って避けてしまう。

ブログであっても全てのページが入口になる可能性があるのだから、予習や予備知識が必要な書き方は好ましくない。

何も知らなくても楽しめるようなブログが良いブログなのかもしれない。

予習しなくても楽しめるってのが面白いものの一つの基準なのかな?

そんな事を思った。

 

落語も漫才も本も、予備知識がなくても楽しめるものが多いし、そういうもののほうが評判がいいもんな。

食べておいしい!と思えば、それでOKみたいなところかな。