読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の練習帳

適当に。

中年男性が恋愛工学のメルマガを読んで思った賛成と違和感と疑問

恋愛

f:id:takeshi1127:20170204232905j:plain

恋愛工学の有料メルマガをすこし読んでみた

先日、金融工学のメルマガの有料会員になった。

トピックとして読みたい記事があったのと、恋愛工学というものの存在は知っていたけど中身がわからないので、ついでにそれも知ってみたいという理由で会員になった。


そもそも頭が良い人間じゃない僕には、”工学”という響きが魅力的だったのもあるかもしれない。

そして、今またもや恋愛工学がやや叩かれ気味であったりする。

d.hatena.ne.jp

その言い分が半分わかるような、半分わからないような・・・。

結局は、恋愛工学を利用している本人の自覚の問題じゃないのか?とも思いますので、恋愛工学の持つ毒の部分も併せて飲んでいるのなら、それはそれでOKだと思います。


ただ、その毒の部分、特に男目線で思うことをあまり言う人は居ないのは、僕が考えすぎなのか、女性が過剰に反応しているだけなのか、どうなんだろう?

そんな複雑な気持ちだから、書いて考えを整理してみたいと思います。

よければお付き合いを。

男としての本能的欲求ですから願望部分は理解できる

男ですから、女性に興味があるのは当然っちゃ当然です。本能ですしね。
(この場合の男は戸籍上の意味ではなくて、内面としての自分の本性としての部分ですからね。)

でも、恋愛を通して、その本能を否定されるような経験をする事があり、そこから歪んでいく事があります。

俺なんて恋愛は無理だ。
どうせ女は顔で選ぶんだろ?

みたいなね。
非モテと言われる人は、ほぼそのようなマインドが内面に渦巻いていると思われます。

だからといって、本能はおとなしくはしていない。

それでも女性に興味を持って、種を残せ、種を蒔けと指令してくる。

でも、女性に興味を持てばまた傷つくかもしれないし、裏切られるかもしれないと心がブレーキをかける。でも、本能がそれを許さない種を残せ、種を蒔けと指令してくる。

その負のスパイラルを止めるための知識としての武器を提供しよう。さあ、本能に従っていきなさい。

ってところが恋愛工学のコンセプトにあるように僕はメルマガを読んだ限りでは感じました。

ただ、女性が被害者になる可能性が高いコンセプトであると感じる事が多い。
メルマガの質疑応答、成果報告のコーナーを読んでいると生々しいと言うか、なんというか。

  • 二股、三股は上等。そうした方がみんなハッピーになるよ。
  • 中だしすればいいんだよ、そうした方がうまくいくよ。

という藤沢氏からのアドバイスが普通に出てくる。
そして、決まって「本当です」と氏が念押しをしています。

ウソつきはウソのあとに「本当だって!」って言いますが、工学と銘打つぐらいに裏付けのある何かがあるのでしょうから、本当なのでしょう。

でも、そこは僕の価値感とは合わない。
だからといって、全否定もできない部分もあるので、これまた厄介だったりします。

結局は、恋愛工学を取り入れるなら、副作用も込みで取り入れているのかどうかを自問自答しないと、また非モテスパイラルに戻るんじゃないの?って思っている。

女性を傷つけた分、女性をまた信じれなくなるよ

僕のささやかな恋愛経験を基にした考えになりますが、自分自身よりも女性を過度に大切にする男はモテません。

女性に尽くす男性像を恋愛ドラマなどでよく描かれますが、あれこそ※イケメンに限るだというのが僕の感覚です。

ヘコヘコ機嫌を取ってくる男や、顔色ばかりをうかがう男ってウザイの一言で終わります。

自分をシッカリと持っている男に魅力を感じる女性が大半で、その延長上で、オラオラな男や自己中な男をも魅力的だと錯覚していると僕は思っています。

恋愛工学で薦めているのは、その自己中な男になれってことだと僕は解釈しています。

女性に自分の価値観を合わせる必要はない。
自分の好き勝手に振る舞って、見向きもしない女は捨てておけ。

ってアドバイスが主体で、それは非モテスパイラルにいる男性とは正反対のポジションですので、そのポジションチェンジを行う事にはスッゴク賛成です。

違うな・・・って思うのはその後です。


恋愛工学の教えの軸の1つ、「女性は肉体関係を持てばこっちのもの」なので、ガンガン関係を持ちまくれってものがあります。

むしろ、「だから関係を持つ時には、最低限の責任と覚悟は持っておけよ」ってアドバイスのほうが良いように思うのだが。

メルマガでも、次々に数をこなせばいいし、浮気も不倫もどんどんやっていけば、向こうから2番でも3番でもいいってお願いして来るというコメントを氏はされています。

本当にそれでいいのか?

僕は不倫とか浮気には男のくせに願望はありませんが、いろんな女性と関係を持ちたいと言う気持ちはよくわかります。

でも、いざ経験すると最後は罪悪感しか残りませんでした。(ちなみに、恋愛工学を使ったのではなく、ずーっと昔の話です。)

その瞬間は嬉しいのですが、いつかどこかで修羅場になります。

幸せな未来をかなり期待していたのに、そのつもりがないなら思わせぶりな事はしないでよ!みたいな事を駅のホームで怒鳴られたり、カフェでコーヒーの味がわからなくなるほど大きな声で泣かれたりします。

ベランダから何気に外を見ると、自分の部屋を道から見ている女性に気付いた事もあります。

この体験を通してバカな事はやめよう・・・と僕は勉強しましたし、その体験を怖がっていては何もできないぞって言われるとそれも一理あります。

経験できたからいいじゃないかという友達も居ますが、気持ちを踏みにじった後味の悪さは、何をどう言われてもずっと消えない自己嫌悪として残ります。

それがうっすらとした女性不信へとつながっていったりします。

理由は簡単で、人は自分の考え方を通して、相手を解釈するからです。

駆け引きを覚えると相手も駆け引きをしているように感じますし、大切な相手にもウソをつけるようになると相手もウソを言っているように思えてきます。

心理学のド基本の「投影」って考え方です。

それは僕の一個人の経験での教訓であって、全てが全てそうじゃないと言われればその通りですが、僕が引っかかるのは、その副作用的な部分です。

何事もメリットとデメリット、表と裏、光と影があります。
恋愛工学のメソッドが抱えるデメリット、裏、陰の部分は、恋愛において女性を根本から信じられなくなるかもしれないって事だと思いますよ。

もし恋愛工学を実践している人がいるなら・・・

恋愛工学を実践している人に是非聞きたい。

好きになった女性が居たとします。
その女性の言葉をどこまで信じれますか?

今まであなたが女性の体を目当てにしてきたように、女性はあなたの中身に興味はなくて、財布を目当てにしているだけかもしれません。ステータス目当てかもしれません。

そんな女だと分かれば次にいくぜ!ぐらいに吹っ切れているのならそれでいいのですが、掛け替えのない女性ってそんなに次々に現れるものでしょうか?

そこに対する疑問符がどうしても僕には拭えません。

結局、誰が幸せになるのでしょう?
そこが僕には描けません。

氏は、それでもみんなハッピーになる。本当です。って言うのでしょうが、小賢しいテクニックを使って修羅場を経験したものからすると、結構無責任な事を言っているように感じて仕方ありません。

非モテの脱出のために必ず通らなければいけない道なのか?

とはいえ、非モテの人に一縷の光として道を提示し、そして少なからず非モテを抜けた人がいるのなら、恋愛工学は実績のある考え方だと思います。

それを否定するのは簡単で、構築するのは激ムズです。

(恋愛工学の優れていると感じる部分は、恋愛工学を信じているものだけが集まる場所としてのメルマガがあることです。半信半疑のメソッドでも、実践してうまくいった人が居ると分かれば、刺激になり「俺も!」ってなりますから。

万が一、それが0.1%の確率で生まれた成功事例であったとしても、1件でも事例があれば、刺激になり信じる人が出てくる仕組みになっています)

恋愛工学を否定してドヤ顔をするぐらいなら他の光を照らしてくれよ、できないなら光を閉ざすようなマネはやめろ!ってのが恋愛工学信者の方々の本音だと思います。

ただ叩くだけで対案も出さないこの記事は、ただの戯言だと言われればごもっともで、その評価で良いと思います。

だから、恋愛工学に可能性を感じるのなら、それを実践してみてください。

ただ、その道を本当に通らなければダメなの?

相手の気持ちを踏みにじる事を覚えるというのは、恋愛云々じゃなくて、人生全般に悪影響を与える毒だと僕は思いますので、恋愛工学を使うのなら、それでもいいという答えは自分で持っておいたほうが良いですよ。