思考の練習帳

適当に。

混戦模様のリーガエスパニョーラ2016はきっとバルセロナが優勝する

リーガエスパニョーラファンとしては、今のリーガの混戦模様は楽しい。
なんだかんだでレアル・マドリードファンの自分としてはレアルが優勝してほしいと思いつつも、正直なところ・・・

 
バルセロナが優勝する

そう思っていたりする。

想定外の混戦状態

クライフ追悼を兼ねたクラシコで、バルセロナがレアルに2-1で負けた。
そこからバルセルナの調子がどうもおかしいというか負けが続いている。

先日のバレンシア戦も2-1で落としていて、勝ち点1以内に3強がひしめきあう状態になった。

勢いからするとレアルがこのまま行きそうな気もするが、でも、バルセロナが優勝するんじゃないかな・・・と思ってしまう。

というのも・・・

バルサの敗因は・・・

戦犯探しをするのは良くないとは思うが、バルセロナが負けた大きな理由はスアレスが決定機を外した事にあると思っている。

メッシが下がりすぎているのでダメなんだとか、ネイマールがこねくり回しすぎだという意見がネットニュースなどで見かけるが、クラシコとバレンシア戦(前半だけ)の前半で決定機を外している。

クラシコ


Barcelona vs Real Madrid (El Clasico) 1-2 Extended Highlights (English) 02/04/2016

1分15秒ぐらいのシーン

対バレンシア


バルセロナ vs バレンシアCF 1-2 ゴールハイライト 18/04/2016 リーガ・エスパニョーラ

40秒ぐらいのシーン

キーパーノーチャンスの決定機。
前半の早い時間にこの1点が決まっていれば流れが変わっていた。

メッシもネイマールもゴールが遠ざかっているが、キーパーのスーパーセーブによって防がれているパターンが多いので、メッシやネイマールを責めるよりもキーパーを褒めるべきシーンが多い。

ただ、スアレスが外したシュートはそういう類のものじゃないんだよな・・・。
敗因はそこかな・・・と思っている。

運がない失点が続いている

バルサのここ最近の失点に関してで言うと、「運がない」の一言に尽きる。

クラシコでのベンゼマのボレーシュートも、DFに当たったボールが丁度ピケを越える山なりのボールになり、それが見事にベンゼマの居る場所に落ちてきた。

バレンシア戦でも、ラキティッチがシュートを防ごうとして出した足にシュートが当たってコースが変わってゴールした。

守備をした事が裏目にいくのは運がないとしか思えない。
クライフがリーガを盛り上げるためにいたずらをしているのかな?としか思えない。

チームとしてはやはり素晴らしい


決定機を逃し、運がなければそりゃ負けるよね・・・ってところです。

運がない時でも正しいやり方を徹底していればいずれ運が戻るというのは雀鬼桜井章一さんの言葉だったかな。

バルサの試合内容を見ていると、決して悪いとは思えない。
ゴール前の精度はやっぱり流石だし、シュートまで行けている。

チームとしての連動性もスゴイ。
レアルファンだけど、完成度ではやはりバルサが一枚も二枚も上だと思う。

加えてCL敗退したことで勤続疲労が溜まっている選手の疲れもリフレッシュしやすくなっている。
残りの試合にはもうクラシコはないし、アトレティコ戦もない。

普通に戦えば勝てるであろう相手との試合なので、むしろ追い風気味。
バルセロナがリーガ優勝を決めるとしか思えない。

レアルファンとしては・・・

レアルファンの自分としては是非CLを取って欲しい。
ジダン監督がビッグイヤーを掲げる姿を見てみたい。

レアルの監督就任一年目で、選手としても監督としてもCL制覇した男の誕生なんて、またサッカー史に残る記録の誕生だし。

欲を言えば、リーガも制覇して欲しいのがファン心理だけどね。


まあ、あれです。
今、リーガエスパニョーラが面白い。