読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の練習帳

適当に。

なぜブログの更新を続けることができないのかを考えて出た答え

IT

ブログ更新が久々な自分なりに考えてみた

ほったらかしてるな・・・このブログ。
気が向いたら急に更新して、急に冷めて。

 都合のいい女を扱うかのようなブログ更新頻度ですが、この世に都合のいい女なんて居るのですかね?

僕の人生にそんな女性は一度も現れてないので、我こそは都合のいい女だぞ~って人、都合いいぞ~って人。

ご一報ください。

でね。
なぜブログの更新がマチマチになるのか。

なんとなく自覚はあるんですが、書きますね。

ブログ更新が続かない1つの理由

今まで時々ブログを読んでくれている人には申し訳ないのですが。
ショックを与えるかもしれませんが、ブログを更新しない理由はこれに尽きます。

読んでいる人の事を一番に考えてない

ワンピースなら、ここでページ見開きでドン!って効果音を付けるはずです。

もうその一言に尽きます。
俺はずーっと一番のお客様をグーグル先生だと思って記事を書いていたな・・・と。

で、こんな事もチラホラと思うわけです。

アクセスに不満が出る

記事を投稿してもアクセスがいきなり伸びるわけじゃありません。
なのに、アクセスが伸びね~な~って思うわけです。

アクセスが伸びないのに、なんで更新しなければいけないの?

という疑問が湧きます。
そして、更新頻度が落ちます。

更新頻度が落ちるから、アクセスも伸びません。

ま、いっか。
で放置する。

ザ・悪循環です。

コンセプトがない

誰かに向かって、何を伝えたいとか特にない。

サイト戦略だペルソナだとか、そういう事は抜きにして書いてみようと思って書き始めたら、逆に書く事がない。

全くないわけじゃなく、当初それっぽい事も考えていたけど、なんか心が同意していない。カッコよくいうとコミットメントできていない。

ちなみに、今まさに書いているこれも、誰かに書いている事を伝えたいとも思ってない。自分の頭の独り言を文字にしているだけだったりする。

ここで書いている事を誰かと酒を飲みながら話していたら、そこでガス抜き完了で、こうして記事にしていないはず。

何かを期待して読んでいるあなたは、期待外れという言葉をこれから体感する事になりますよ。

天邪鬼なあいつ

アクセスが欲しいとか言いつつも、ウケがいいと分かっている「XXの○個の理由」みたいな記事を書こうとすると心理的抵抗がある。

天邪鬼な心の中の自分がニヤニヤしながら鎌首をもたげ、こんな事も言うんです。

好みは人それぞれだし、専門家でもないのによくもそんな記事を書けるな。
そんなおせっかいな記事を書かなくてもいいし、失敗も込みで体験する事がその人にとっては大切なんだよ。みたいな。

その天邪鬼の声をスルーしながら書きたいことも特にない。

複雑なブログ運営心理

アクセス数を一番の基準に運営しているので、本当のところ読み手の事は考えていない。
まったく考えてないわけじゃないけど、二番目以降の基準になっている。

で、アクセス数を集めるためにアクセスが集まりそうな記事を書こうとすると、そんな記事を書きたいのか?書けるのか?という声がする。

その声を押し殺して記事を書いても、アクセス数が伸びなければ虚しさが残る。

で、書かなくなる。

 

そういう事は無視して、自分の感じたこと、思った事、考えた事を最優先で記事にしてもいいのだろうか?

アクセス数も読み手の事も気にせずに、一個人のつまらないかもしれない事を書いても良いのだろうか。

心のどこかで、それはダメだという声がする。
人の役に立てという呪縛のようなものがある。

実は、このあたりで読み手の事を考えていないという、ブログ更新をしない理由として思い当たった結論と矛盾している。

読み手の事を思うと、書かないほうが良い。
なぜなら、特に読んでほしい事を持ってないから・・・という。

読み手の事を一番に考えてブログを運営していないのに、だ。

これじゃ、人のせいにしているようなものだ。

 

なんか、複雑に考えてるよな。書きながら、論理性がないな・・・とも思った。

 

要は、ブログを運営するシンプルな理由がないのが、一番の原因かな。


そんな事を思う年末の今日この頃です。