読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の練習帳

適当に。

セビージャはリーガ4強時代の扉を開けた気がして仕方ない

セビージャとアトレティコ戦を見て以来、セビージャはもしかしたら近々リーガで優勝するのでは?と思った。

 そのセビージャとバルセロナが対戦したのでWOWOWで観戦したけど、やっぱりセビージャ強い。

www.goal.com


試合には負けたけど、正直、前線の選手の質の違いだけであって、決定的なチャンスを決めていればセビージャは勝っていた。

その決めれる時に決めきれるかどうかの差が大きいとは思うんだけど、ひとまず思った事をつらつらと。

セビージャの中盤、特にパスの出し手が良い

セビージャと言えば清武なんだけど、清武が出る場所がない。
というか、清武のポジションに良い選手が揃っている。だから強いとも言える。

ガンソ、ナスリ、バスケスと清武と同い年の選手が良いんだわ。

攻撃の質は相当高いモノがあるが、FWが決めれるかどうかだけ。
本当にそこだけだと思う。

守備もガツガツ行く。
ガツガツ行き過ぎて、スカスカになりがちだけど、でも、ガツガツいく守備は見ていて魂を感じていい。

 

今のバルサを基準にしてもいいのかな・・・

ただ、差し引かなくてはいけないのは今のバルセロナは守備陣がピンチだということ。

セビージャ戦でもバルサの左SBの選手が今一つチームにフィットしていないせいで、今ネイマールにボールを渡すとヤバいぞって時に渡さなかったり、敵がゴール前にまだ残っているので、構わずにキーパーにバックパスをしてみたり。

うわ!ってプレイが多々あった。

それでも勝てるのはメッシが凄いから。ネイマールもスアレスもスゴイから。1試合に1回はメッシの単騎掛けで中央突破をしちゃうんだから、ほんと意味がわからない。

そうさせないように守備を固めているのに、その間を抜けるんだから・・・。


アトレティコ劣化版という表現は失礼かな・・・

セビージャが強いという事を伝えたいが、どう強いのかを上手くいえないという不思議な感覚は相変わらずあって、こうして文字にしてみても、何がどうすごいのか絶対に伝わってないと思う。

アトレティコ系の戦い方と形容すればいいのかな。
ガツガツ行って、奪って、カウンター。

でも、アトレティコほど守備ファーストでもない。結構守備ラインを上げて守る戦い方をしているので、ガチガチに固めて戦おうって感じでもない。

カウンターもアトレティコほど真ん中を狙ったカウンターじゃない。

サイドからカウンターを仕掛けるイメージ。
だからか、守備を固められてカウンター失敗に終わる事がそこそこある。

難しいな・・・どういえばいいのかな。
言葉にできない強さって事で、小田和正系の強さと表現すればいいのかな。

ほんと、セビージャ強い。
3強に割って入って4強時代が来そうな予感プンプンなんです。