読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の練習帳

適当に。

LINE乗っ取りや個人情報収集狙いの仕掛けに対して出来る自己防衛の心構え

f:id:takeshi1127:20140830174606j:plain

ネットを悪用したトラブルが最近多いな・・・って思います。
ニュースになるのがその手の話題ばかりだからだとも思いますが。

つい最近もですが・・・

LINE乗っ取り「オレオレ詐欺型」も登場 : IT&メディア : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


がありましたし、先日も・・・

盲導犬 「絶対に許せない!」に要注意!(神田 敏晶) - 個人 - Yahoo!ニュース


というものもありました。
(この盲導犬の事件については、自分も混乱しています。
 事件のでっち上げじゃなく、本当にあった事件を悪用しているって事なのかな・・・)

 

ネットって怖いなって印象を多くの人が持っても仕方がない事が続いてますが、ネットを生活から切り離す事は難しいですし、これからもこの手の事件は手を変え品を変え現れると思います。

 

なのに無防備ってのも怖いので、個人で出来る自己防衛についてを考えてみました。

僕たちが騙されないために出来ること

僕たちがネットで起きるこういう詐欺や個人情報集め(後々に悪用される可能性大)に対してできる事。

色々考えてみました。



それは・・・



誰も信じない!!
親兄弟、友達、恋人、全てがあなたから奪おうとする人たちです。


は!?って思ったでしょ?

もちろん、誰も信じるな!なんて思ってませんよ。

ただ、ここなんだと思います。

親しい人や、愛情に深く関係するほど「条件反射」してしまうってこと。

僕たちにはそういう部分があると自覚する事が、1つの防衛手段だと思うんです。

あなたの条件反射を悪用しようとしている

最近あまり話題にはなりませんが、いまだになくなってない犯罪の一つに「オレオレ詐欺」があります。

電話してきて、息子のフリしてお金を振り込ませようとする。
最近は巧妙化しているらしいですが、根本は、親の愛情を悪用しています。

愛情に深く関係すればするほど、僕たちは条件反射してしまいます。

犬に愛着がある人にとっては盲導犬が可哀そうな目に遭ってるとなれば、何もせずにいれないでしょうし、何か出来る事があり、それが簡単な事であればあるほどスグに行動に移すと思います。

ラインでやり取りをする相手が仲の良い人であったり大切な人であれば、少々のお願なら何の疑いもなく信じますので、ついついituneカードを買った人も居るでしょう。

ちなみに、LINE乗っ取り犯の日本語がおかしいって事を冷静になればスグにわかるのですが、その瞬間は完全に信じ切って反射的に行動してしまう人が多かったと思います。

 

大切な人からお願いされると、少々違和感があっても信じてしまうんです。

ネット上の犯罪の多くは、”愛情深い繋がりを悪用したトラブル”です。

そこを自覚しているだけで、防衛できる可能性は上がると思います。

悪用されても自分を責める必要性はゼロ!

悪い人は、あなたの条件反射しそうな事を悪用しようとします。

冷静になって考えれば違和感のある不自然な事でも、条件反射して動いてしまいそうな事となると一瞬それがわからなくなりますからね。

そして、万が一騙されたとしても、です。

それは、誰かや何かを思いやっての行動ですから自分を責めないでください。
むしろ誇らしい事です!

悪いのは騙す奴です。

そんな奴のために、自分への評価を落とす必要なんて一切ありませんからね。

 

詐欺の心理学―どうだます?なぜだまされる? (ブルーバックス)

詐欺の心理学―どうだます?なぜだまされる? (ブルーバックス)