読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の練習帳

適当に。

平等は常に平和につながると勘違いしていた

f:id:takeshi1127:20140905052238j:plain


あなたが平等という言葉を聞いて連想するのは何ですか?

なんとなくですが、「平和」とか「男女平等」というものを連想する人が多いと思います。実際に僕はそうでした。

平等って平和なんだなって思っていた。
でも、どうやら違っていたのかもしれない。

結果の平等って幸福にはつながらない

「結果」の平等を求めると無気力さや絶望が待ってます。

例えば「男女平等」という言葉がありますよね?
この言葉の響きから、「男女雇用機会均等法」って言葉が僕は出てくるのですが、雇用の機会を均等にするという意味での平等は良いと思うんです。

同じチャンスを提供しましょうねって事ですからね。
それを利用するかしないかは本人の自由ですって感じで。

これを、男女ともに同じ割合が働く世の中が望ましいとしてしまうと、これは平等なのかな?って思ってしまうんです。


一見すると、同じ割合だからなんとなく平和な気がします。

でも、どうでしょう。

例えば、建設業のような力仕事に平等な割合で雇用するようにと結果の平等を求めると、本当にそれって効果的なんでしょうか?

一部の例外を除くと、男性のほうが体力はあります。
力仕事では男性のほうが有利です。

でも、法で決まっているから・・・と比率を半々にしてしまうと、明らかに体力的に劣る女性を雇う事になりますから効率は悪いでしょうし、それは成果にも影響を及ぼすはずです。

機会として、建設業が求人段階で男だけ!って制限をつけずに、男女ともに募集する。もしかしたら、男顔負けの体力のある女性が来るかもしれませんしね。

でも、結果として採用人数を同じ数にしろ!ってすると、これは違うと思います。

機会を放棄して結果を求めるとおかしいですよね?

逆のケースで言いますと、「機会」を放棄して「結果」の平等を求めると変な事になります。

就職活動(機会)をせずにお金がないから生活保護(結果)をくれというのは筋が通りませんよね?

恋愛なら、異性と仲良くする努力をせず、告白もせずに、恋人ができない事をどれだけ嘆いても仕方がありませんよね?だって、機会を作ろうとも活かそうともしてないんですから。

「結果」に平等を求めると、全然平和だとは思えません。

日本人って結果の平等を求めてませんか?

現実を見ると、僕も含めてですが、日本人って結果の平等をすっごく重視しているように思います。

成功者を叩いたり、金持ちを悪者扱いしたり。

運動会の徒競走などで順位を付けずに全員が1位となるようにゴールするというのも、結果の平等を求める価値観じゃないですか?


結果は常に不平等なものです。

全員が1位なんてありえないんですから。

 

だから、頑張れるという側面もあると思います。

今回はダメだったけど、次はわからない。
これが不平等って事ですからね。

努力が報われなかったらどうする?って論も、平等な結果を求めてるって事だと思うんです。

結果は不平等です。
だからこそ、何度も機会を貰える世の中にすることが大切なんじゃないかな?

まとめ

  • 「機会」の平等が平和な姿
  • 「結果」の平等は幸福につながらない
  • 「結果」は不平等だから「機会」を重視したほうがいい


広告

「時間は誰にでも平等」は、大うそ。 (10分で読めるシリーズ)

「時間は誰にでも平等」は、大うそ。 (10分で読めるシリーズ)