思考の練習帳

適当に。

日本に個性的な会社が出てこないのは平均的な社員を求めるから?

f:id:takeshi1127:20140921160946j:plain

ソニーの業績が超悪いってニュースを読み、なんかざわざわした。
株価に敏感なほうではありませんが、「あ、そーなの!?」って驚きました。


ソニー、崩れた成長戦略 中核のスマホ事業で減損 :業績ニュース :企業 :マーケット :日本経済新聞


なぜなんだろう?

シャープの業績が悪いよってニュースを見た時には、大変だな・・・・って思っただけなのに、なぜ僕はソニーにだけ引っかかるのだろう?

考えてみました。

考えたと言っても、専門家的な事は一切書いてないので、そういう類の事は、そういう方の記事を読んでくださいね(はーと)と注釈。

ソニーが好きってわけでもない

そもそも、僕はソニーがめっちゃ好きってわけじゃありません。
でも、気づけばソニー製品を知らず知らずに選んでいたりします。
(これって、好きって事じゃないの?)

プレステとか、テレビとか。
テレビに関しては、同じようなスペックで安いものが他にあったのに、これを選んだ気がする。

思い返せば、長く愛用したガラケーはソニーエリクソン製だった。

そんな風に僕がソニーを選ぶようになったキッカケとして思い浮かぶのは、ある友人のこと。

友達の影響でソニー製品を選んでます

家電が好きで、特に音響機器が好きな友達が居ます。
その友人が、「ソニーの音はいい!」とか熱く言ってました。

今は家庭を持ち、将棋好きな長男(9才)の対戦相手になってくれ!と言ってくる友人です。(先日、初めて負けました・・・)

その友人の影響で、迷ったらソニーにしとけばいっか・・・と短絡的に考えるようになりました。

スペックがどうこうはよくわかりませんが、家電が好きな友人があれほど推してるんだから間違いがないんだろうし・・・って思って。

でも、そんなソニーが業績不振だと聞いたから、え?そうなの?ってなったのかもしれません。

個性って売上を確保する上で邪魔なのかな?

ソニーってブランド、カッコいいと僕は思うんです。
スタイリッシュなイメージがあって。

そういうブランドが斜陽にあるというのは、なんか悲しいな・・・って思うんです。


家電を始め、自動車もそうなのですが、日本製の製品って個性がどんどんなくなってきたと思うんです。

コンセプトもデザインも、全部似ている。
自動車なんて、車名を聞いただけではどこのものかわからなくなりました。

外車はパッと見ただけで「ベンツだ!」「BMWだ!」「マイバッハだ!」ってわかるのに。

そういう個性がなくなったのが、何か悲しい。

僕はそういう個性を持つメーカーとしてソニーを見ていました。

ウォークマン、AIBO、プレイステーションと面白い事をする会社だな・・・って好印象を持っていましたが、こういう個性を打ち出すのは利益を確保する上では邪魔なんだろうか?

 

企業にとって商品の個性って優先順位が低いものなのだろうか?

個性を認めないから個性が出ない?

これからソニーは、売り上げが確実に見込める商品を出す事に軸足を置くようになり、挑戦的な事はしなくなるのかな?って思ってます。

それと同時に思うのですが、「らしさ」と売上って同時に確保できないものなのかな?

いや考え方の順序が違うかな・・・。


日本企業が求める人材が個性を持つ人物よりも、平均的で想定の範囲内の人物だから、平均的なものが生まれるってことかな?

もしそうなら、会社が個性を認める空気ににしない限り、個性的なモノは生まれないって事なのかな・・・。


商品やサービスに個性も何にもない会社を好きになる人って居るのかな?

少なくとも、僕は熱烈なソニーファンの友人の影響がなければ、いくつかのソニーの家電を買ってないと思います。どこでも良かったけど友人がファンのソニー製品にしただけで、特に思い入れがなかったら、費用対効果だけで選んでます。

 

ファンが居るって事がそういう目に見えない広告効果もあると思うし、ファンは個性に魅かれると思うんだけどね。

 

そんな事を思ったニュースでした。

 

広告

ソニー 失われた20年 内側から見た無能と希望

ソニー 失われた20年 内側から見た無能と希望